読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【そもさん】朝坐禅会に参加してきました。

作務 green garden
作務 green garden / "KIUKO"

シンプルライフや断捨離がテーマのブログを流し見していると、『瞑想』や『禅』というキーワードをよく見かけます。

実際、『禅』の精神がシンプルライフの核となっている方も多くいらっしゃるようです。

それでは、いったいどのようなものなのか、お寺さんでちゃんとした坐禅を体験してみようと近所の禅寺に行ってみました。

僕が選んだのは小さな禅寺の早朝坐禅会。
有名所の大きなお寺では、土日の昼間などに定期的に坐禅体験を行っているのですが、やはり観光客向けという印象を感じます。
そこで、あえてなるべく小さなお寺の、しかも早朝の坐禅会を選ぶことで、より本質に近いものが体験できないかと思い参加してみました。

朝6:30開始

早起きの習慣を少しずつ始めていましたが、この時間はなかなか気合が必要です(*ノω・*)テヘ
まずは5時に起きるという苦行からスタート。
お寺は比較的近所なので自転車で向かいます。小さなお寺といっても優に200坪はありそうな敷地でした。
そして、実際に坐禅を行う部屋は…普通の座敷でした。。
テレビで見るような、板の間の専用のスペースを予想していただけに、ちょっとだけ拍子抜け。坐禅には坐布と呼ばれる固めの丸いクッションのような専用の座布団をお尻に敷くのですが、これも普通の座布団です。
そして坐禅の醍醐味ともいえる肩や背中を打つ『警策(きょうさく)』もなし。
全体としてかなりシンプルな印象でした。

参加人数は僕を入れて2人。ちょっと緊張気味でスタートです。

『ただ禅である』

まずは住職とともに、禅にまつわる本を皆で朗読します。朗読箇所は住職がその都度抜き出した数行の原文です。今回は無住禅師という高名な禅僧の言葉だそうです。

「作勿生座禅。」和上答「不作勿生、只没禅。」
(「そもさんざぜん。」わじょうとう「ふそもさん、しもぜん。」)

これは「坐禅とはなにか(どのようにするのか)?」という問いに無住禅師は「どのようにという問題ではない。ただ禅である。」と答えています。

この言葉を聞いたときに、自分の中で坐禅という行為自体の認識が間違っていたなと思いました。
僕は坐禅は一種の儀式めいたものという認識でいました。
決められた作法、身体技法を練習、習熟し、そこに自分を落とし込んでいくことで、心の深層に触れるというイメージを持っていましたが、そのような「型」にハメるような行為自体が「縛り」となってしまいます。

 時間や場所、作法や呼吸法なんぞは表面的なもので、「只、立つ」「只、座る」という至極シンプルな思考法が大事なのだなと解釈しています。
つまり、どこで何をしていようが禅になるのです。
街で歩きながらとか、お風呂に浸かりながらとか、ベッドで寝転んでいても自分がその境地に入れば禅なのだと思います。

周りの雑音に惑わされないで、自分の行為を只見つめるというフラットな精神状態を作り出せるようになるのが大事なのかと。

その後、20分ほどの坐禅を2回ほどしたのですが、気負うことなく自然な感じで座れたと思います。

これはちょっとハマりそうです。

 

只、眠たくなるのをどうすればいいかは、わからずじまいでした(*ノω・*)テヘ