読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【新しい出会い】コワーキングスペースを利用し始めました

FURSYS_Korean_Office_Furniture_20
FURSYS_Korean_Office_Furniture_20 / KOREA.NET - Official page of the Republic of Korea

僕は会社勤めのデザイナーですが、諸々の事情により先日よりコワーキングスペースを使い始めました。

コワーキングスペースとは

事務所、会議室などのスペースを共有しながら、個々に独立した仕事を行う共同ワークスタイル及びその場所のことです。
性質上、フリーランスや在宅勤務の多種多様な業種の方が多く利用されており、気のあった人達でコラボし、新しいビジネスが生まれることも珍しくありません。

会社勤めの方でも利用価値大

僕は会社勤めのサラリーマンなので、わざわざお金を払って利用する意味はないんじゃ…と思われそうですが、実は会社勤めの方ほど利用していただきたいと思っています。

1)社内で行き詰まりを感じている

内勤の方は特にそうだと思うのですが、情報が限られる閉鎖的な空間に閉じこもっていると思考が鈍ります。自分の知らない業種の方たちと交流できる環境は、見識を広げる一助となります。

2)自習場所として最適

自宅に書斎と適度な時間を確保できる人はいいのですが、家族を持っている人は、なかなかまとまった時間を持てないもの。
会費を払っているので、行かなければという義務感と、勉強するには最適の環境が揃っています。また、フリーランスや専門性の高い業種の方が多いので、うまく仲良くなれば勉強のアドバイスを受けることも可能。
一人でコツコツとするよりも、可能性が広がります。

3)新しい刺激を感じることができる

大方のコワーキングスペースでは、セミナーや交流会を定期的に開催しています。
セミナーは外部からの一見さんも募集していますが、会員であれば割引が効いたり無料であったりとメリットが多く、プラスαのお得感があります。
普段お会いすることがないような業種の方とも接点を持つことができるので、自分の世界が広がります。
あからさまではないですが営業活動の一環として利用されている方もいます。

ぼくも上記のメリットを求めて利用しているのですが、集中できる静かな環境というものがこんなにも貴重だとは思っていませんでした。
勉強できる場所は図書館やカフェなど数多ありますが、専用に構築された空間というものは、また別格の雰囲気があります。

ここで毎日仕事終わりに2時間ほどを勉強に費やしている次第です。
とっても楽しいです♪

広告を非表示にする