読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【映画評】エクスペンダブルズ3

映画

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション(字幕版)

Don't think. Feeeeeeeel!! 

傭兵(ようへい)軍団エクスペンダブルズを率いるバーニー(シルヴェスター・スタローン)のもとにCIAのドラマー(ハリソン・フォード)が現れ、あるミッションを下す。それは、エクスペンダブルズを結成した仲間だったものの悪の道を進んだストーンバンクス(メル・ギブソン)の身柄確保だった。ニューヨーク、モスクワ、ブカレスト、メキシコ、アフリカで激しい追撃と攻防を展開するが、バーニーの戦術を知るストーンバンクスに苦戦を強いられる。仲間の身を案じ、バーニーはエクスペンダブルズの解散と新チーム結成を考えるが……。

シネマトゥデイ 

ストーリーとかもういいんです。
「四の五の言わずに楽しめ!」
ただそんな映画です。

ハリウッドの続編作品って、失敗することが多いんですがこの作品に限っては、そんな心配はないです。

だいたい失敗の原因って、脚本や世界観、キャラクターの魅力が半減するとかがあると思うんですが、この作品はそんなもんがない!ストーリーも世界観もどうでもいいから!
あるのは、毎回登場する豪華演者のみ!今回は敵役にはメル・ギブソン!そして、新しい仲間としてウェズリー・スナイプスアントニオ・バンデラス、前作から降板したブルース・ウィリスに変わって、まさかの大御所ハリソン・フォードと、とんでもないもんかましてきました。

ストーリーやオチは言いません。いっても仕方がないから。キャスト!キャストを堪能してください!
30代以上の男子が、青春を過ごした主役級アクションスターが、大挙して所狭しと暴れまくるスタローンの心意気を堪能してください。

このシリーズ、新キャラにはだいたい見どころが存在するのですが、今回もあります。個々の持ち味を活かした演出は、長年アクションに携わっているスタローン、よくわかってらっしゃいます。

メル・ギブソン

近年色々やっちゃってる感のあるメルですが、熱量は昔と変わらず半端ないです。
最後のシーンでAK47を振り回すのはリーサル・ウェポン4のオマージュか。
そういえば、同じく今作に出演しているジェット・リーと共演してますね。

 

 

ウェズリー・スナイプス

 デモリッションマンでスタローンと共演しているスナイプスは回転と身体能力を活かした独特の近接戦闘で魅せてくれます。さらにブレイドばりのナイフテクニックも。

デモリションマン [Blu-ray]

デモリションマン [Blu-ray]

 

 

ブレイド [Blu-ray]

ブレイド [Blu-ray]

 

 

 

アントニオ・バンデラス

すっごい痩せててびっくりしたんですが、マスク・オブ・ゾロでのアクロバティックな動き(スタントだけど)。そして、デスペラードを彷彿とさせる二丁拳銃のシーンは身が震えます。撃ち方変わってないw

 

 

 

 ハリソン/フォード

まさかこの大御所が出演するとは思ってませんでした。肉弾戦はありませんが、プライベートでもヘリや旅客機まで操縦する生粋の航空機マニアの73歳は、スター・ウォーズハン・ソロばりにヘリを操縦してキレッキレです。

 

 

今回ニューエイジのチームメンバーも登場してますが、我らの血肉を騒がすのはやはりオールドメンバーの活躍。次回作もあるのか?これ以上のメンバーを集められるのか?楽しみな所です。

(僕のイチオシは、回を増すごとに可愛げが出てくるドルフ・ラングレンです)

 

広告を非表示にする