読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【映画評】ターミネーター 新起動/ジェネシス

映画

ターミネーター:新起動/ジェニシス (字幕版)

2029年、ロサンゼルスでは人類抵抗軍が人工知能による機械軍との戦いに終止符を打とうとしていた。1997年、機械軍による核ミサイルで30億人もの命が奪われた“審判の日”以来の悲願がかなうときが目前に迫る。一方機械軍は、抵抗軍のリーダーであり、驚異的な力を持つ予言者ことジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)を生んだ母サラ・コナーを亡き者にすべく、1984年にターミネーターを送り込み……。

シネマトゥデイ

 シャワちゃん復活!

さあ、人気のターミネーターも映画では5作品目となり、いよいよご長寿作品の味を醸しだしてきました。

なんとこの作品はシュワちゃんが12年ぶりに復帰ということで、もう老年になったシュワちゃんがどのように作品に絡むかが期待されていましたが、蓋を開ければもうド直球にターミネーターでしたね。
ターミネーターを覆う細胞も年をとって劣化していくという後付設定を添えて…

 

もはやなんでもありなのは、世界観がしっかりしてるから?

『人類を滅ぼしたいスカイネットが、人類の救世主たるジョン・コナーを抹殺するためにタイムマシーンを開発。ターミネーターを過去へ送り込み、コナーの血族を抹殺する』

っていう主軸さえ守っていれば後は何やってもオッケーな雰囲気になってきましたね。

 このタイムマシーンがなかなかやっかいで、過去へ戻って未来を改ざんするので、どれだけでも設定を変えられる。キャラクターの性格付けも変更できちゃうので、こうなるとコンテンツとしては、面白みがなくなって来ちゃったかなという印象です。

ただ、それでもターミネーターの世界観は魅力的なので見ちゃうんですけどね。

 

もはや全てが戦士

今回もタイムマシーンの力で根こそぎ設定を変えてきました。
まず、カイル・リースが過去に到着した時点で既にサラ・コナーがバリバリの戦士。
突如現れるT-1000への対策もバッチリで、2であれだけ苦しめた新型をあっという間に片付けます。そりゃカイル・リースもキョドります。

あまつさえカイル・リースでさえ、1で登場するT-800を屠るという荒業。もはやターミネーター自体が脅威ではなくなってきてます。

というのも、回を増すごとにアクションが派手になるので、登場兵器がどんどん強力になってるんですよね。
最初は警官から奪ったショットガンやホームセンターで買い集めた材料で爆弾作ったり、もっと泥臭いことしてたんですが、今ではグレネードやら50口径のライフルやら軍隊ばりの兵器が簡単に出てきます。

なので、追いつめられてる感があまりない。やっぱり手元に武器がなければ作る。追い詰められた時に発揮するひらめきなど、行動に制約がないと面白みって生まれないのかなって思いました。

後、世界を救うジョン・コナーが不憫すぎて目も当てられません。でも、はなから悪人顔なので同情はせん。

 

でもシュワちゃんターミネーターなんです

なんだかんだいってもシュワちゃんターミネーターを見るとワクワクするんです。
今回は3部作の予定らしいので、最後に超絶進化したシュワちゃんがどう作品を引っ張っていくのか楽しみではあります。

ターミネーター:新起動/ジェニシス (字幕版)
 

 

広告を非表示にする