読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【こんなん観ました】きっと、うまくいく

きっと、うまくいく [DVD]

心が軽くなるインド映画

行方不明だったランチョー(アーミル・カーン)が街に戻ってくると聞き、ファルハーン(マドハヴァン)とラージュー(シャルマン・ジョシ)は母校に向かう。10年前、三人は名門大学の学生だった。真っすぐなランチョーは異議があれば学長にすら物申し、好きなことに打ち込んでいた。しかし、ランチョーと学長の娘・ピア(カリーナー・カプール)が接近したことから、3人は卒業目前で退学を言い渡されてしまう。

シネマトゥデイ

お正月にTVでやってたのを録画し、今更ながら視聴です(照

インドでは時間の感覚が違うのでしょうか?まさかの3時間の長丁場…

そして定番の歌と踊りがてんこ盛り。
昔「ムトゥ 踊るマハラジャ」で挫折した苦い経験が思い出されます。

今作も当時を思い出し「しょせん…」なんて高をくくっていたら、ちょっとめっちゃ面白いじゃないですか! ボリウッドと呼ばれるのも納得のクオリティでした。

今のインドらしく、最高学府が工科大学というのがIT大国っぽくていいですね。

「好きなことをしよう」「自分らしく生きよう」とありきたりなメッセージだけどシンプル故にまっすぐ心に刺さり、展開もスピーディーで、テンションアゲアゲのダンス・歌も相まって、普通に泣いちゃいました。

学生時代に苦楽を共にした友は本当に大事で、自分がしんどい時に一緒にいてくれて、ダメなときはダメとちゃんと駄目出ししてくれる。そんな友情が自分とシンクロして、メッセージが心にグサグサ刺さりました。

宇宙飛行士のボールペン開発の話、テスト期限に間に合わない答案を教授に提出する方法など、ネットで見かける小咄のネタも挟んでくるあたり、なかなかうまい。

実際、1クールのドラマくらいのストーリー量なのに、飽きさせずにサクサク見せてくれるので、あっという間でした。

ちょっと心しんどい時に見る映画リストに入りました。

 


映画『きっと、うまくいく』(5/18公開)特別映像【公式】ボリウッド4

 

きっと、うまくいく(字幕版)

きっと、うまくいく(字幕版)

 

 

広告を非表示にする