読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【ミニマリスト】書き味で決めました『コピック マルチライナー』

f:id:baku305:20170112115545j:image

コピック マルチライナー

常用のペンを決め兼ねており物色中です。たくさんのペンは持ち歩きたくないので「これは!」という1本を求めていますが、これがどうにも難しい…

今の使いたいペンの条件はこんな感じ

  1. 安価
  2. できるだけ定番の商品(すぐに手に入る)
  3. 胸ポケット収めても邪魔にならない
  4. 取り出してワンアクションで書き始められる

これまで試してみたペンはみな一長一短でなかなかしっくりくるものが見つかりませんでした。

▼4色ボールペン

メリット

  • だいたいノック式なので取り出してすぐ使える
  • 色による書き分けが可能
  • ゲルインクやフリクションなど性能の伸びしろがまだある

デメリット

  • 使うのがだいたいどれかの色に偏る
  • 全体的にフォルムが太い

▼万年筆

 メリット:

  • 上質な書き味
  • インクの伸びが良いので手が疲れない
  • 大人の満足感

デメリット:

  • メンテナンスが面倒
  • 単価が高いのでなくすと凹む

▼鉛筆

メリット:

  • 線の強弱が付けられ文字やイラストにも最適
  • 少年時代を思い出す
  • 安価

 デメリット:

  • 芯の消耗で線の太さが大きく変わる
  • 消しゴム、鉛筆けずりやナイフの携帯が必要
  • 衝撃に弱い

▼シャーペン

 メリット:

  • スマートでお手軽
  • 安価なものからハイスペックまでバリエーションが多い

デメリット:

  • 衝撃で中の芯が粉々になってる時がある…
  • オフィシャルな書類には使えない

胸ポケットに収めたいので、最悪落としても大丈夫なよう安価かつ細身で邪魔にならないものがいいんですが、万年筆の心地よい書き味も惜しい。
とっさに取り出して書き始められるノック式のボールペンも魅力ですが、イラストやラフデザインも起こすので、鉛筆やシャーペンの「消せる」というアドバンテージも大きい… と悶々としている状態です。

 

今年の目標に合わせて選びました

今年はイラストを勉強したいと思っています。

そこで当面の常用ペンは機能もそれに特化してコピック のマルチライナーにしてみました。

コピックはプロの漫画家さんやイラストレーターさんも愛用しているドローイングペンです。
耐水性の顔料インクなので色乗りがしっかりしていて、書き味も滑らか。
後から水彩絵具で色つけもできるのでイラスト書きにピッタリです。

実用重視な細身のシンプルなデザインの上、細さが1mmの太めから0.03mmという極細までバリエーションがあるので、持ち味そのままに自分のタッチに合わせて選べるのがいいですね。

ボクは字を小さめに書いてしまうので細めの0.1mmがお気に入りです。

細いペンは細くなるほど線がかすれやすいのですがコピックはそんなことは一切なく、どこまでも滑らかな書き味です。

f:id:baku305:20170112115614j:image

ゲルインクボールペンのように滑らかさを謳っているペンとも違い、書き味に表情をつけることができるように感じます。

多分ペン先がボールペンと違い、程よい弾力を持っているので線にわずかに強弱が表現できるんだと思います。

メリット:

  • 滑らかな書き味
  • シンプルなデザイン
  • 細さのバリエーションが豊富(特に極細が秀逸)
  • 安価(200円)

デメリット:

  • キャップ取り外し式なので取り出してすぐに使えない
  • インク乾き予防のためキャップがかたい

今んトコ、デメリットよりも目的にあったメリットが大きいので、気に入ってます。

ガンガン使い倒して、イラストを上達させたいです。

 

広告を非表示にする